• 022-794-9115
  • civil-jp@tiara.ocn.ne.jp

タグアーカイブ カモミール

-34- リンクストーン・カモミール|ショコラ・スフレ

 アプローチ  : リンクストーン カモミール

縁取りレンガ : ショコラ スフレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ メールでお問合せの方はコチラをクリック!

愛犬と楽しめるガーデニング

 オススメの植物 

 

カモミール カモミール  

犬用シャンプーの素材などにも使われている安全なハーブ。

ダニやノミなどを寄せ付けないのもうれしい。

踏むとほのかに香る為、日当りが良く、

犬が良く通る場所に植えるといい。 

 

 

 

ローズマリー ローズマリー

香りもよく、人気の高いローズマリー

枝が垂れ下がる種類もあるが、まっすぐ

伸びる種類なら木立がいい。

少し触れるだけで香りが広がりニオイ防止に

植えるのは春先が適し、日当たりのいい所を好む。 

 

 

 

タイム タイム

香りがよく、犬のニオイを防いでくれる。

日当たりがいい所ならどんどん横へ広がりながら成長する。

踏まれても元気だから犬がよく通る所へ植えても大丈夫。

植えるのは春先が適している。 

 

 

 

えん麦  えん麦

犬が草を食べるのは、胃の中に入った

毛玉を吐き出したり胃の状態を改善させる働きがあるから。

えん麦は胃もたれや胸焼けを解消させるので、

犬がよく植物を食べるなら、これも用意してあげてみては。 

 

 

 

クマザサ クマザサ

これも犬がよく口にする植物。

毛玉などの胃の中のモノを出し、

スッキリさせるために食べている。

虫がつかないことからも、犬の体には安全であることがわかる。

日向はもちろん日陰でも育てられる。 

 

 

 

ペニーロイヤルミント ペニーロイヤルミント

「このミントを庭に植えたら、その上で犬が寝そべるようになり、

ノミやダニも少なくなった」という情報もこのミントに

大量に含まれるプレゴンにはノミ・ダニを避ける

作用があるとか、是非お試しを!    

 

 

 

 危ない植物

 

イチイ 

イチイ

種子(果肉以外)や葉、樹液が危ない。

吐いたり、腹痛をおこしたりする。

たくさん飲み込んでしまうと、呼吸困難、突然死することも。 

 

 

 

エゴノキ 

エゴノキ

庭でよく見られる落葉高木。

果皮が有害で、激しい苦味があり、胃がただれたり、

溶血作用があるため実がおちたらまめに拾ったほうがよい。 

 

 

 

キョウチクトウ 

キョウチクトウ

樹皮や葉、根が有害、庭木として

親しまれているが、枝をくわえるのも よくない。

腹痛や心臓麻痺を起こし たり、皮膚がかぶれることも。 

 

 

 

ナンテン 

ナンテン

庭木として親しまれ、漢方で鎮咳薬となるナンテンの実も、

犬にとっては要注意。

神経麻痺を起こす可能性もあるので気をつけたいもの。 

 

 

 

img_sotetsu 

ソテツ

種子や茎幹に有害な成分があり肝臓や胃腸に影響が出る。

腹痛や嘔吐、ひどい時には痙攣も。発ガン性もあるので要注意。 

 

 

 

 

ジンチョウゲ 

ジンチョウゲ

強い芳香を放ち人気のこの樹木も花や葉は犬にとって有毒。

血便や流涎、嘔吐の症状が見られます。 

 

 

 

スイセン 

スイセン

可憐な姿で、人気の花ですが犬が入る庭へ植えるのは危険。

鱗茎に毒が含まれる為、吐き気や血圧低下、胃腸炎などの症状が現れることも。 

 

 

 

ポインセチア 

ポインセチア

クリスマスシーズンの定番となったこの花も茎からの

樹液や葉は有毒。

皮膚炎や下痢の原因に。切花を挿した水などにも要注意。 

 

 

 

クリスマスローズ 

クリスマスローズ

最近、園芸店でよく見られるこの花も葉、特に根の部分が危険。

胃炎や心臓麻痺の症状が見られ子犬には特に注意が必要。